3月24日(土)・25日(日) 猪名川町広根で構造見学会

3月24日(土)・25日(日) 猪名川町広根で構造見学会
2012   a         L

猪名川町の㈱上田工務店は熟練の大工が「手刻み工法」で家を建てる。機械加工された材木を組み立てる「プレカット」工法が主流の今では、大工が墨を付け、刻み、複雑な継手・組手を駆使する貴重な工務店だ。
家作りは材木選びから
同工務店では棟梁、大工たちが全国の材木市場に足を運び、木を仕入れてくる。同社の倉庫に運ばれ長い年月をかけて、自然乾燥。曲がり、歪みを見極め、墨付けし、ノミやカンナ、専用工具を使い、刻んでいく。手間隙かかる作業だが、上棟すれば頑強な構造体となる。まさに職人技だ。
長年培った技術と独自の発想で
同工務店では長年、研究と実践を積み上げた同社オリジナルの『外断熱工法』をとる。分厚い無垢の板の壁や屋根、そこに天然素材の断熱材、土の壁を張り巡らせる。冬は陽だまりの暖かさ、夏は木陰の涼しさという快適な空間が保てるのだ。
小回りの効く工事
代表自らが相談、設計、各種手続きの案内、工事の管理…と責任を持ってあたり、施工は自社の大工。細かい箇所の変更やアイデアなど、施主の思いはスムーズに実現できるだろう。結果、コストの削減につながり、トータルでとてもコストパフォーマンス(価格性能比・満足比)が高い住宅となっている。
価値ある家をいつまでも
太い柱や梁、大工や職人たちの心のこもった作業の積み重ねで作られた同工務店の家は新築のときはもちろん、長い年月を経たとき、その味わいが増すはずだ。「子どもから孫の代を超えて持つね」とある施主。各種の設備工事も同工務店が長年つきあいのある、地元の腕のいい職人たちが担当。後々までのメンテナンスについても安心だ。
◎猪名川町広根で新築中の住宅構造見学会を上記日程で実施。家作りに興味があるなら見る価値あり。
■㈱上田工務店 猪名川町紫合字小屋ケ谷51の2
072・766・0380
uedakoumuten.jp

Comments are closed.

 

2018年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 

㈱上田工務店

躑躅(つつじ)工房・通販部

 

ueda 1081

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン